« SCREAM | トップページ | GLHNQFGC »

2007年8月14日 (火)

皆伝90%達成!!

今回は久々に、CGの内容で行きたいと思います。

 

タイトルは全く関係ありませんw

 

〇「頂点カラー」について

 

続きへどうぞ↓

 

3DCGにおける頂点カラーとは、3DCGのポリゴンの

各頂点に割り当てられるカラーのことを言います・・・

って、そのままですけどw

 

例えば、下のような平面があります

Cpv_sample1_4  

これの各頂点(線が交差しているとこ)に、

色や透明度をつけることができます↓

Cpv_sample2_4  

このように表示できるのは、ゲームなどのリアルタイム表示のときのみ

になるので、主にゲームに使われています。

 

どのようにゲームに使われているか、簡単に説明します。

 

まず、下のような地面があります。

Cpv_1  

これに、テクスチャを割り当てると・・・

Cpv_2  

こうなり、面の分割は下のようになってます

Cpv_model  

このままでもいいといえば良いんですが、なんか立体感が

あまりありません。

レンダリングすれば、シェードなどが付き

立体的に見えるかもしれませんが、

リアルタイムで表示するには、少し物足りない気がします。

 

そこで、頂点カラーの登場。

カラーといっても、白黒で明るさ、透明度なども設定できるので、

ここに頂点カラーを使って立体感を出します。

上のモデルに頂点カラーをつけたものがこれ

Cpv_3  

ただ、頂点に明暗をつけただけですが、テクスチャ表示してみると・・・

Cpv_4

こんな風に、前よりも少し立体感が出てきました。

 

更にこれを応用すると、影もつけられます。

下のように更に面を分割し、頂点カラーをつけていきます

Cpv_5_2  

こいつに立方体を乗せ、テクスチャ表示をさせると・・・

Cpv_6_2  

このように、即席シャドウのできあがり。

影の計算は、リアルタイムで表示させるには、比較的重く、

物体の数が多いと、さらに処理に時間がかかってしまいます。

そこで、動かない物体などに、このように頂点カラーを割り当ててやれば、

処理が軽いまま、影や透明の設定ができます。

 

3DCGのベテランは、「こんなこと話してどうすんだよ」

と思うかもしれませんが、結構大事なわりに、

初心者はあまり知らないことだと思うんで、

初心者の方などに参考になればと思ってます。

 

 

 

 

|

« SCREAM | トップページ | GLHNQFGC »

コメント

Various people all over the world receive the loans from various creditors, because that's simple and comfortable.

投稿: BarberKirsten | 2012年7月 4日 (水) 11時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SCREAM | トップページ | GLHNQFGC »